地獄から這い上がれ!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

海辺の情景
 
 昨日、姉のうちに遊びに行ってきました。三年ぶりにあったのですが年をとって母親にそっくり(笑った)。今年は甥っ子がお祭りで山車の上で太鼓をたたくということでビデオ撮影なども頼まれましてん。
 
 姉は結婚して今は静岡の海岸沿いにあるさびしい漁村で暮らしています。夏は車でいくと便利な海水浴場があるので砂浜には海の家が立ち並んでとてもにぎわうのですが、九月を過ぎるとあとかたもなくにぎわいは失せてもとの閑散とした漁村に舞い戻ります。
 
 早起きをして海岸に散歩に行ってみました。誰もいないのいいことに初ブライス野外ロケ敢行。どんよりと薄暗い海岸ですが背景の波間に人影が!九月過ぎても早朝はまだサーファーがいたんですね。
 よく見るとあちこちに波間を漂う小さな人影が見えます。良い波に乗るチャンスをうかがっているのですね。ちょっとピンぼけぎみのフェンリアちゃん。波にピントがあってしまった。
「せっけんのにおうころ展」
 

神保町の雑貨屋さん「AMULET」で林美奈子さんと井上葉子さんの「せけんのにおうころ展」を見に行ってきました。小さなアクセサリーはいろんな素材やアイディアが詰め込まれていて、とても楽しめました。
 

 レトロな印刷物のコラージュや切手、レース編みなどが透明樹脂に封じ込められていて、アクセサリーながらアートな表現にまとまっています。
 お店は最近移転してきたばかりなのですが、前とあまり雰囲気は変わってませんね。とてもかわいい展示だったのでお店の雰囲気とぴったりでした。
 
 
お盆。
 
 
 今日は昨年亡くなった友達の墓参りに大納言くんといってきました。待ち合わせ場所に行くといきなりペリカンのバターロールをお土産にくれました。昨日はパン好きコミュのオフ会だったそうです。大納言くんはとてもパンが好きです。
 お寺さんの近くの農協でお花とお線香を買い、ついでに売ってた焼きとうもろこしを食べてお墓へ向かいました。墓石に水をかけてさっと埃を洗い流すと、買ってきた花を活けてやりました。
 お線香に点火するため大納言くんの「中野」のロゴの入ったライターでお線香の先をあぶったのですが、「中野」のライターは火力が弱いのかなかなか点火しません。風も少しあったのですがお線香が燃える前に「中野」のライターの方が熱くなってしまいます。それでも大納言くん半切れになりつつもなんとか点火に成功、やれやれな感じで手を合わせてきました。
 
 ごはんを食べに行く前に浦和でお勧めのべーグル屋さんを教えてもらいました。駅から結構遠いい住宅街の中にあるのですが、三時に閉店にもかかわらずいつも売れてしまうそうです。行ってみるとパン屋らしき飾りはなにもありません。アルミサッシだけです。「貸し店舗」の札が付いていそうな感じです。
 
 幸運にも今日は少し売れ残っていました。既に三時をまわっていたのですが、売れ残りはめったにないそうです。バジルチーズとくるみの入ったチーズノアを買って帰りました。ヴィヴァンというパン屋さんです。教室もやっているそうです。今度習いにいこうかな。
 
カフェで。
 
 
 今住んでいる町には、昭和で止まってしまったような大きな商店街があります。最近その一画に一軒だけとてもお洒落な喫茶店を見つけました。昭和で止まっているのもお洒落ですが、やはりこの町に中では新鮮です。そのお店を経営されている方は絵も描いていて、この度個展をされるというので出かけてみました。
 
 場所は古い御茶屋さんを改装した喫茶店です。お茶屋さんなのでお品書きもお茶がメインで、いろんな種類のお茶がホットとアイスどちらでもいただくことができます。ギャラリーは屋根裏にあって、開けた小窓から涼しい風が吹き込んでました。

 作品は画用紙に色鉛筆やチャコールでかかれた模様でどれも色合いがやさしくて、とてもきれいです。針で刺繍糸が縫いつけてある作品もあります。どれもふんわりとした作品でとても素敵な展示でした。お茶もおいしかったです。
 
 少しだけ作品も販売していたので一枚買いました。さびしい台所の白い壁にかざってみました。